毎日研鑽ブログ

楽しい情報、楽しく暮らそう。

コスパ最高格安スクリーンタープ、キャプテンスタッグの商品をおすすめするの巻

      2016/06/23

我が家では、ずっとヘキサタープを使ってきたのですが、私の兄一家とキャンプに行くたびに、兄一家が所有するスクリーンタープの便利さに
年々欲しいという気持ちが収まらなくなっていたのです。

兄一家が使っているのは、確かウールリッチのスクリーンリビング340だったはずです。

ヘキサタープでも開放感があるし、雨も強い日差しも防げて良いのですが、良いのは昼までなんですよね。
夜になると、虫はたくさん来るし、なにより寒さを凌ぐのは厳しいんですよね。

スクリーンタイプのタープだと、蚊帳状態にすることも出来ますし、外側を閉めて完全な個室にすることも出来ます。
寒い夜や、突然の大雨の時の夜なんか、とっても頼もしいのがスクリーンタイプのタープです。

何度も兄一家のスクリーンタイプのタープを見て数年、とうとう我が家でも購入することに決めました。

で、早速情報収集です。
以前テント購入の話でも触れましたが→DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ビッグワンポールテント T8-200を買いました。
我が家のキャンプ道具を買うポイントは、安い値段で良さそうなものを買うというのが基本です。
私のキャンプは、年に2,3回、そんな頻度のために、高価な商品は必要ありません。

兄一家が使用しているものは、約2万5千円くらい。
機能性と品質を考えると、とても安いとは思うのですが、本格的キャンパーではない我が家には高いです。

キャンプ場ではコールマンのスクリーンタイプのタープが8割位占めています、それは一体いくらくらいなのか、
早速アマゾン!!
調べたところ、安いので2万円台、良さそうな3万超えです。

他にも色々調べますが、安いものだとただ四面がメッシュだけになっているものや、二面は開放できず二面のみ開放できるものしかありません。
私がほしい条件のスクリーンタープはあくまでも、四面がネットで更にクローズにもできるものです。

やはり、2万円後半を出さなければ希望の商品にたどり着くことは出来ないのか。

落胆の末、ダメ元で近所のホームセンターへ足を運ぶと、なんとそこには私の検索では引っかからなかった、条件に一致するタープが。

それは、キャプテンスタッグのリビングスクリーンタープ300UV M-177と言う商品でした。
値段は、なんと1万2千円くらいだった気がします。

こんな低価格で、希望の商品が見つかったのです。
私の胸は高鳴りました、と、同時にネットで色々検索をかけてみたのですが、全然ヒットしません。
なぜだか理由は私にはよくわかりませんが、もうこれは運命的な出会い、その場で購入です。

例によって、写真は撮っていないので、今年の夏に写真をとってアップしようと思います。

で、使用感といえば、兄の使用しているタープや店頭で展示しているコールマンの製品と比べた時に、しっかり感やフニャフニャ感があることは否めません。
しかし、年に1度か2度しか使わない、我が家に一体そのフニャフニャ感がなんだというのでしょうか、このタープで1年も2年も毎日過ごすわけではありません。
全くもって、これで必要十分、いや最高です。
なぜ、こんないい商品がメジャーヒット商品になっていないかが不思議です。

このタープを購入したのは2年前、改めて本日アマゾンを除いてみるとすでにヒットしません、そしてキャプテンスタッグのホームページを見ても載っていません、もうすでに廃盤のようです。

でも、おそらく我が家で使っている商品の後継品を見つけることが出来ました。

キャプテンスタッグ オルディナ リビングスクリーンドーム340UV M-3171

新品価格
¥15,763から
(2016/6/20 20:12時点)

我が家のタープとそっくりです、ですが、お値段が少々高くなっています。
必要十分、とてもおすすめなタープです。

高いキャンプ道具を買うくらいなら、お手頃の良品を見つけてその分のお金で美味しいものでも食べたほうが良いのに、
なんて毎回思います。
でも、自分がお金の余裕がたくさんあったら、全部コールマンだったりして。
いや、私は天邪鬼なので、結局キャプテンスタッグやドッペルギャンガーなんかで揃えるって落ちになりそうです。

おすすめのテントはこちらの記事へDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ビッグワンポールテント T8-200を買いました。

 - キャンプ, 趣味