毎日研鑽ブログ

楽しい情報、楽しく暮らそう。

続 カシオ EX-word RISE エクスワードライズ 店頭で見てきました!!

      2017/02/08

-shared-img-thumb-PAK75_englishranchon20141206202538_TP_V

エクスワードライズを店頭で実際に見てさわってきました。

先日の記事の中カシオ EX-word RISE エクスワードライズ これ良いかも。では、気になったので、ネットで情報を収集して終わったのですが、流石に気になって気持ちが収まりませんでしたので、昨日電気屋さんに言って実物を見てきました!!

電子辞書コーナーの主役に鎮座していた。

お店の中をうろうろする事数分、電子辞書コーナーにたどり着きました。
電子辞書コーナーの中でも、エンド(棚の端っこ、一番目立つ場所、お誕生日席みたいなところ)にドーンと展示してありました。
電子辞書界でも、エクスワードライズは特別な存在なのだと思います。

これまでの電子辞書は、あくまでも辞書であって、学習のサポートつまり裏方だったわけです。
それが、このエクスワードライズは裏方から表舞台へ出てきたエポックメイキングな商品なのです。
裏方に徹するのではなく、あくまでも表舞台に立ち、英語学習をこれ一台でリードしていこうと言う商品なのです。
今までの商品が受動的なのに対し、エクスワードライズは能動的なのです。

なにせ、これ一台あれば、英語学習が進むのですから、すごいですよね。
英語の先生が、電子辞書になったようなものです。

先日の記事で、基本的な情報を乗せましたので、今回の記事では実際の使い勝手をリポート致します。

実際の使い勝手などはどうか?

見た目は、ハッキリ言ってスマホです、キーボードも付いていますが、タッチパネルでの操作が出来ます。

操作性は、スマホのアプリを選ぶ感覚と同じです、画面に出ているメニューやアプリを選べば学習が始まります。
自分の学習日や、学習していない部分などが表示されるので、画面に沿って学習を進めていけばいずれ計画的に全ての学習を終えることが出来る感じです。

画面はもちろんカラー、スマホを操作している方なら、全く問題なく進めていくことが出来る感じです。

小さいボディに全ての英語学習装置が備わっている感じです、これは良いです。

ただ、操作性というか、タッチパネルを押してから反応するまで、タッチパネルでのスライドそんな操作性は、スマホの感覚で居たらとても遅く感じますね。昔のスマホというかカクカクした動きです。

でも実用には問題はありませんので関係ないですね。

英語を学習していくうえでは、死角はない感じです。

 

カシオ EX-word RISE エクスワードライズ これ良いかも。

カシオ デジタル英会話学習機 EX-word RISE XDR-A20BK ブラック コンテンツ120

新品価格
¥32,202から
(2016/11/1 20:00時点)



 - 勉強, 英語