毎日研鑽ブログ

楽しい情報、楽しく暮らそう。

ジムニーJB23 14年目の1年点検をしてきたよ。

   

ジムニーを1年点検に出してきました。

こんにちは。

私のジムニーは平成16年式ジムニー4型ランドベンチャーです。

15万キロ強走行の中古を購入てから早2年、走行距離は17万キロ強。

距離数と年数は重ねていますが、車の調子は特に悪いところはありません。

世間一般の10年以上前、走行距離が10万キロを超えると車の買い替え時だとか、故障が連続するだとかそういったものは迷信なのだと実感するばかりです。

車は便利な道具ですが、使い方や整備内容が酷ければたちまち凶器となってしまいますし、人様へ重大な被害をもたらしてしまう危険があります。

そして、何よりその責任は自分自身へ降りかかってきます。

そのような思いから、常に車に耳を傾け、少しでも異常があれば整備工場へ行き、素人でもできる日常点検には励んでおります。

しかし、素人の点検には限界がある。

そうです、いくら日常点検を頻繁に行い、車の異常を発見すべく耳を傾けたところで素人では限界があります。

そこで、有効なのが法定点検です。

車検は昨年受けてその際法定2年点検を受けているので、今回は法定1年点検。

自分では特に不具合を感じているわけではありませんが、点検前はなんだかドキドキです。

結果

車を預けること2時間。

今回の点検内容としては、特に異常はなしとのこと。

ほっとしますねこの一言。

ただ、タービンにオイルの滲みが伺えるので近々タービンの交換が必要かもしれないとのことでした。

タービンが壊れてしまえば、白煙モクモクのうえ車へのダメージ大ですから早めにわかってよかったです。

この車を購入した際に、記録簿が直近8年分くらい残されていたのですが、それによると8万キロ時点でタービンの交換がなされていたとのことでした。

ネットでタービンの交換時期を調べるとおよそ10万キロ。

前回の交換が8万キロですから、今時点はその時から10万キロくらい走行している計算です。

つまり、交換時期なのですね。

まだ、正式な見積もりはもらっていませんが10万円近くはかかるとのことでした。

それに加えて、エンジンオイルとクーラント液が減少する症状も抱えており、近くエンジンのオーバーホールも必要かもしれないとの話でした。

特に思い入れもない車なら、今後の修理費用を聞いた時点で乗り換えようと思うのだと思いますが、このジムニーは趣味で乗っているので、乗り換えようとは全く思いません。

大事に至る前に修理を続けて可能な限り乗り続けていこうと思っています。



 - ジムニー