毎日研鑽ブログ

楽しい情報、楽しく暮らそう。

チープカシオ MQ-24のベルトが切れてしまったので、人気と噂のダイソーNATOベルトをつけてみる。ついでに電池交換も。

   

お気に入りの時計のベルトが切れてしまった。

こんにちは。

いろいろ時計は持っているものの、一番のお気に入りのベルトが切れてしまいました。

と言っても、自分でベルトを切ったわけではなく、時計をつけようとしたところなぜかベルトが切れていたという何とも不思議な推理サスペンスのような状態でした。

どう考えても、子供が切ったに違いないとの推理が導き出されたのですが、子供たちは自分たちではないと言い張るので、答えはやぶの中へ。

チープカシオなる時計は二本持っているのですが、なんだかんだ好きな方は今回切れてしまったやつだったのです。
ちなみに、もう一本のほうはこちら→チープカシオ MQ-24-7BLLJFを買って楽しむ。

 

ベルトは切れてしまったが.....

ベルトが切れてしまったお気に入りのチープカシオですが、時計本体は遅れもなくピンピン元気です。
すなわち、時計のベルトを交換してやればまだまだ使えるというわけです。

さっそく替えベルトをネットで検索。

さらっといろいろと検索してみたのですが、なんだか1000円以上する感じです。

しかし、ここで問題が。

時計本体も1,000円くらいで売っているので、替えベルトを買うなら時計本体が買えてしまうというジレンマ。

それなら、時計本体を買えばいいだろうと思うのですが、貧乏性の私としては、今回のベルトが切れてしまった本体がもったいないし、不憫でなりません。

そんなジレンマにさいなまれ、本体の購入も、ベルトの購入もできないまま数か月が経過していました。

そんな時にいい情報をゲット

日課のネットサーフィン(死語ですか?)をしていたところ、有力な情報が。

なんとダイソーで替えベルトを売っていると。

しかも、それはおしゃれで人気の商品とのこと。

もちろんダイソーなので100円ですし、失敗しても許せますし、本体の1,000円に対するジレンマも解消です。

ダイソー NATOタイプベルト

NATOストラップという名で世間一般では通っている商品です。

世のお洒落さんの間では有名な商品のようです。

ナイロン製でいろいろな色があり、選択する色でオシャレを楽しもうというものです。

で、今回私が購入したものはこれ。

 

ほかに色々とカラフルなものも多数ありましたが、私にオシャレなセンスはないのでとりあえず、無難なこれ。

 

さあさっそく取付だ!!

というわけで取付です。

取付前に、同様の事例を検索したところ驚くべき事実が発覚します。

なんと、チープカシオのベルト幅18mmに対しNATOベルト20㎜。

幅が合っていません。

強引に取り付けようとしても、物理的に無理な感じです。

そこで、さらなるネット検索の結果、ベルトをカットして取り付けている方がいました。

私もそれを見習って、ベルトをカットして取り付けることに。

時計をベルトの横に置いて、適当に採寸。
ベルト状にマーカーの跡がついているのはそのためです。

もちろん私ですから、適当な採寸アンドカット。

カットしては取付、つかなければまたカットを繰り返すこと数度。

何とか、時計に収まったので、ベルトの最終処理。

このベルトナイロン製の糸を編み込んだものですから、切り取った部分はほつれてしまいます。

そうならないために、切取り部分を火であぶることに。

ライターで切取り部分を軽くあぶると、ナイロンなのでその部分が固まってほつれる心配がなくなります。

強引に何とかはめ込みました。

 

完成

 

うーん、なんか思っていたのと違うような。

しっくりこないような。

ベルトを変えてみたものの、この時計使うんだろうか俺。

今度ほかの色のベルトを買ってつけてみようと思います。

 

番外編 電池がなくなっていたので交換しました。

電池ももちろんダイソーで買えます。

SR626SW

これを取付です。

蓋を適当なマイナスドライバーを差し込み回転させると開きます。

うーん、さびさびです。

この時計、日常生活用防水をうたっていますが、2009年に購入したものなので、もう9年も経過しています。

1,000円の時計が、9年も使えたら文句もありません。

電池交換も終わり、まだまだ使えそうな雰囲気です。

CASIO MQ-24-7B2LLJF Men's Analog Watch

新品価格
¥939から
(2018/1/7 19:10時点)



 - 家電