毎日研鑽ブログ

楽しい情報、楽しく暮らそう。

ポケットラジオ ELPA ER-P36Fを買い色々と想う。

   

IMG_5297

ポケットラジオ ELPA ER-P36Fを買いました。

ラジオの思い出

私は子供の頃からラジオが好きでした。
母は、テレビよりラジオをつけて家事をしていましたので、幼少の頃からラジオの音が流れるのが自然な感じで育ちました。
子供でしたから、何か特定の番組を聴くわけではなく、ラジオの音として自然に楽しんでいたと思います。

自分専用のラジオを購入したのは、小学校2年生の時でした。
写真はありませんが、ラジオクロックという商品で、立方体の形をしたデジタルラジオとアナログのラジオがセットになった商品でした。
昔は、電気製品は今と違ってなんでも高価でしたので、3000円位した様な記憶があります。
今なら2000円もしないのではないでしょうか。
ラジオを購入してからは毎日が嬉しく、いつもラジオをつけてFMやAM様々なチャンネルに合わせて聞いた記憶があります。

その後、小学校の高学年になり、当時はやっていたミニコンポがどうしても欲しくなり、お年玉やお小遣いをために貯めて
ケンウッドのアローラXE7を購入しました。
もう、20年以上前なのに型番がスラスラと今かけたことに驚いています(笑)
それくらい欲しくて欲しくて、思い入れが強かったのだと思います。

それで、ミニコンポを手に入れてからは、初めてのデジタルチューニングでしたので、周波数をちょっとずつ変えていって、
ますますラジオが楽しくなりました。

その後、中学生になってからは、オールナイトニッポンなど深夜放送を楽しむようになりました。
そして、夜中になると電波が入りやすくなり、全国の遠いところの放送が聞こえてきたりして、ワクワクどきどきしながら、遠い地域に想いをはせていたのものでした。

社会人になってからは、車での通勤時にNHK-FMを聴くくらいで、それ以外にラジオを聞くということはありません。
家でラジオを出して聞く習慣はありません。

それと今回のラジオはどうつながるんだ?

と、前段のように私はラジオ好きなのですが、現在はめっきりラジオのライト層となっています。

そんなある日、小学生の息子が夜自分の部屋で寝る際に、なかなか寝付けない時があると言ってきました。
そこで、私は自分も同じような時にラジオを聞いていたと伝えました。
子供は、ラジオなんて全く聞く習慣がありませんから、話半分以下で私の話を聞いていたのですが、なんだか気になってきたようで、我が家の防災用の手回し式ラジオを使って数日、ラジオを聞いて寝るようになりました。

私は、ラジオの話をしたものの、息子がその後ラジオを聞いて寝ているとは知らず、数週間過ぎていました。
その後息子は、どっぷりラジオの魅力にハマったようで、ちゃんとした自分のラジオが欲しいと言ってきました。
部屋で聞くだけではなく、塾などに行く際にかばんに入れても聞けるようなラジオが欲しいと。
という流れで、今回のラジオを購入する流れとなったのです。

息子と二人で電気屋さんへ

お店に行くと、ポケットラジオもたくさん売っています。
自分のイメージでは、ラジオと言ったらソニーです。
しかし、ソニー製は少しお高めでした。
息子のお小遣いで買うものですので、ちと予算オーバー。
パナソニック製もまた同様に予算オーバー。

となると、子供の小遣いで買えそうなラジオといえば、オーム電機かELPAのほぼ二択。
ほぼおなじ性能で見た目もほぼ変わりませんので、店頭で悩むこと数分。
なんとなく、昔からのラジオらしい外観が気に入り、今回のELPAのER-P36Fを購入。

購入後は、息子より私のほうがなんだか楽しくなってしまい、息子が使わない時に、ラジオを楽しむ私。

今の時代、ラジオはスマホのアプリのラジコを使えば簡単に聞けますが、やはりラジオから流れる雑音込みのラジオの音が
なんとも言えない心地よさがあると思います。
味ですね味。

ELPA AM/FMポケットラジオ ER-P36F

新品価格
¥1,090から
(2016/8/25 21:37時点)


 - 家電, 雑感